世田谷支部では平成9年10月に再発足し、翌年の1月11日を新年懇親会の日と定め以来、代わる事なく会を開いて参りました。
この日も、校友会から岡本慎副会長、東京都校友会阿部鞏会長、始め友好支部のお馴染みの、江東法友会高根典史会長、鎌倉法友会小針久会長、目黒支部伊藤元一副会長、練馬支部吉野公晴幹事長、久々に中野忠さんと中山重臣さんをご来賓としてお迎えし、本校落語研究会出身の噺家初音家左橋師匠の司会により河野籌雄支部長の挨拶の後ご祝辞を頂き祝宴に入った。
中華料理に舌鼓を打ち、酔いも程ほどに廻った頃、世田谷名物ビンゴゲームの始まりはじまり。今回の目玉商品、電気掃除機は中野さんの手に、法政ブランド高級焼酎は果たして誰の手に?夫々お好きな賞品を手に満足の態、中にはそうでない人も?・・・なにはともあれ、ビンゴは笑いの渦の中和気藹々の内に終了。
何時ものように応援団出身と思わせる菅野さんの見事なリードで校歌を斉唱。閉会の辞は俺に任せろの松山さんの名調子で目出度くお開き。
終身会員になろう!!新年を祝う会に出席しよう!!を胸に家路を辿る人はたまた飲み屋へ急ぐ人、人それぞれ・・・兎に角ご自愛の程お願い申し上げます。

(写真提供佐藤さん) 島田 記
150216112303_2