2019年4月23日、鈴木直道氏(2004年法学部卒業)が北海道知事に就任しました。鈴木氏は「ピンチをチャンスに変える北海道道政」を掲げ、活力あふれる北海道の未来の実現に向けて大きな期待が寄せられております。

鈴木氏の功績についてはご承知のとおりで、夕張市長時代には卒業生として特別講義を行ったり(2011年)、学位授与式で祝辞を述べられ(第131回学位授与式)、法政大学と夕張市との間で「北海道夕張市と法政大学の協力に関する協定」を締結(2017年)されるなど、法政大学との交流を重ねてきました。

2018年2月9日に開かれた北海道校友会岩見沢支部の新春総会・懇親会では、夕張市が岩見沢市の隣という縁もあり、鈴木氏が来賓として参加され、持ち前の“攻めの発想”などについて語っていただき、貴重で楽しいひと時を過ごすことができました。下の写真はその時の記念写真です。

法政大学卒業生・校友会員として、鈴木直道北海道知事を応援していきたいと思います。

 北海道校友会岩見沢支部 川南

pic20190509_3