11月17日(土)午後5時30分~8時 東京都千代田区・市ケ谷駅前のアルカディア市ケ谷(旧私学会館)で開催された。春秋会会長・上田清司氏(埼玉県知事)が今年、全国知事会会長に就任されたので、その祝賀会も兼ねて、全国から会員が集まった。最初に、上田会長の全国知事会会長就任を祝って、花束贈呈のセレモニーが一番若手の女性会員二人から手渡された。

全国知事会会長は、上田清司会長で12人目であり、最長15年間、7~8年間の人も多く、平均が6年4ケ月である事も紹介された。上田会長には、健康面に充分留意されて、平均以上、全国知事会会長の職務を全うされるよう激励やお祝いのスピーチがあった。又、春秋会員には、埼玉県議会議員(浅野目義英氏)もおり、バックアップの期待もこめられた。

6時からの懇親会も老若まじり合って懇談に花が咲き、上田会長も最後迄、若者達とも話し合っておられた。

最後に総勢33人で、上田会長を中心に、80歳代の山谷次夫、笠原愼治、そして、伊藤公介、遠崎義夫等が前列に並んで、記念写真を撮り、円陣を組んで、校歌をうたい、弁論部々歌を高唱して散会した。

文責 昭和36年法学部卒 笠原愼治